API連携の利用方法

API連携でできること

LOYCUS上のデータを、LOYCUSと連携する外部のシステム(以下「連携先のシステム」)で取得したり、連携先のシステムから更新したりできます。

対象データ

  • 友だち基本情報
    • 本名
    • 個別メモ
    • システム表示名
  • 友だち情報欄

利用例

ネット通販サイト

顧客情報として保持している生年月日や最終注文日をLOYCUSへ自動で取り込み、その日が誕生日の友だちへクーポンを送付するのに利用したり、最終注文日から30日後の友だちへレビュー投稿依頼するのに利用したりできます。

※個人情報の利用に際しては十分ご注意ください。

API連携の使い方

利用条件

1. 連携先のシステムでのLINE IDの保持

連携には、連携先のシステム上でLINE IDを保持している必要があります。

これは、LOYCUS上の友だちと連携先のシステムの友だちの突合に必要となるためです。

LINE IDを保持するには、連携先のシステムがLINE ID連携を実装していることが一般的です。

2. エンタープライズプランへの加入・APIの利用申請

エンタープライズプランへの加入・APIの利用には、事前のお問い合わせが必要です。

設定ページの「外部データ連携」タブ内の「お問い合わせ」より、エンタープライズプランへの加入・APIの利用のご希望の旨と、利用するIPアドレスをご連絡ください。

利用するIPアドレスとは、連携先のシステムからLOYCUSのAPIへ接続する際に利用するIPアドレスです。セキュリティの担保のためIPアドレスを制限しております。利用するIPアドレスが不明な場合、連携先システムの開発者にご確認ください。

なお、APIの利用の判断のため、エンタープライズプランへの加入や利用申請の前に開発者向けのAPIに関する文書をご共有できますので、ご希望の場合はその旨をご連絡ください。

エンタープライズプランではない場合の表示

利用手順

設定ページ内の「外部データ連携」タブより、App KeyとApp Secretをコピーします。

※これらは流出するとLOYCUS友だち情報にアクセスされる可能性のある機密情報につき、お取り扱いには十分ご注意ください。

設定ページ

App KeyとApp SecretはAPI連携に必要な認証に利用します。

くわしくは、別途ご案内する開発者用のAPIに関する文書をご確認ください。

Was this helpful?

3 / 0